声は人の印象を変える

自分に自信がつく!ボイストレーニングのススメ

>

発声と呼吸法

腹式呼吸って?

声が通らなかったり、大きな声が出なかったりする理由として、まず取り上げられるのはブレスの量が足りないことです。
また、早口になってしまう理由の一つとしても、ブレスが浅すぎるという原因が挙げられます。
いずれの症状も腹式呼吸を取り入れることが可能ですが、腹式呼吸とは普段の呼吸と何が違うのかご存知でしょうか?

呼吸には、胸郭の筋肉で行われる胸式呼吸と、胸式呼吸より更に深く息を吸い込むために肺の下にある横隔膜を下げることで呼吸する腹式呼吸とがあります。
普段の呼吸は、この2つが合わさったもの。
つまり、皆さんは既に無意識のうちに腹式呼吸をしているのです。

重要なのは、この腹式呼吸を意識的に行えるようになること。
また、呼吸は自律神経と密接に関係していることもあり、腹式呼吸をマスターすれば発声が良くなるだけではなく、ダイエットやリラックスにも効果が期待出来るとされています。

腹式呼吸の簡単なやり方

腹式呼吸とは横隔膜を下げることによって肺に空気を取り込む呼吸法ですが、いきなり横隔膜を意識しろと言われても出来るものではありません。
そこで、ここでは簡単な腹式呼吸のやり方をご説明します。

まず、リラックスした状態で仰向きになります。
どんな姿勢でも腹式呼吸は出来るのですが、仰向けに寝ることによって、よりお腹の動きを意識しやすくなります。
この体勢のままゆっくりと呼吸をしていきますが、ここで意識するのは丹田と呼ばれるおへそから指4本分下にあたる場所です。

鼻から吸って、鼻から吐く呼吸をゆっくりと繰り返しながら、吸う時は丹田が頂点になるようにお腹を膨らませ、背中でも床を押すようなイメージを持ちましょう。
この時、出来るだけ胸を動かさずに息を吸う様に注意します。
そして吐く時にはお腹を凹ませ、丹田を背中側に押し込んでいきます。
吐く時は吸う時よりも時間をかけ、しっかりと息を吐き切ることがポイントです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る