声は人の印象を変える

自分に自信がつく!ボイストレーニングのススメ

>

声を自分の武器に変える

本当の自分の声を知ろう

自分が映っている動画を見て、自分の声に違和感を覚えた経験はありませんか?

実は、自分が聞いている自分の声は、周囲の人が聞いている声と聞こえ方が異なるのです。
何故なら、音の伝わり方には2つあるとされていて、ひとつは空気を伝って鼓膜届き、そこから聴覚神経へと音が伝わっていく空気伝導。
もうひとつは、自分が発した声が声帯などの体の中での振動が頭蓋骨へ届き、そこから直接聴覚神経へ伝わる骨伝導です。
つまり普段聞いている自分の声は、この骨伝導と空気伝導が合わさった音で、動画などで聞く声は空気伝導によって音を録音するため自分が喋っている音と録音された音は異なって聞こえます。
すなわち、録音された声こそが、自分以外の人が効いている声だと言うことになるのです。

自分の声を聞いてみよう

自分の声や話し方を知るためには、録音して聞いてみるのが一番です。
特別な機械が無くても、最近ではボイスレコーダーがスマートフォンのアプリとして簡単に手に入るので、気軽に録音ができます。

録音する内容は何でも構いません。
試しに新聞の記事や本の一節などを読むのもいいですし、普段の会話や自分が行ったプレゼンのなどより実践的なものであれば、より自分の弱点が明確になるかもしれません。

実際自分の録音した声を聞いてみて、どんなことに気が付きましたか?
今回特に意識して欲しいのは、滑舌と声の大きさ、話すスピードです。
思っていたより声が通っていなかったり、声が小さかったり、言葉が明瞭ではなかったりしたならば、それがあなたの弱点です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る