声は人の印象を変える

声を自分の武器に変える

普段の生活の中で、自分の声や話し方に意識したことがある人はどれくらいいるでしょうか。 アナウンサーや声優の様に話すことが仕事でもない限り、意識したことが無いという人がほとんどだと思います。 それではいざ自分の声に意識を向けた時に、どこに注目すべきなのでしょうか?

発声と呼吸法

歌や話し方を習う時、必ずと言っていい程必要となってくるのが腹式呼吸と言う呼吸法です。 しかし、腹式呼吸という言葉を耳にしたことはあっても、実際にどのように呼吸すればいいのか知らない人も多いのではないでしょうか。 ここでは、そんな腹式呼吸についてご説明します。

言葉を明瞭に伝えるために

どんなに発声が良くて声が綺麗でも、滑舌が悪いとそれだけで人に与える印象は変わってしまいます。 それが原因で、仕事や恋のチャンスを逃してしまう結果に繋がってしまう可能性も。 もし自分の滑舌に不安があるのなら、今日から舌のトレーニングを始めてみましょう。

あなたの声の弱点は?

声や口調、話し方は人に与える印象の中で、重大な役割をはたしています。
アナウンサーや声優などの仕事はもちろんのこと、一般の仕事でも人と話す機会や何かを説明しなければならない場面は多くあり、特にプレゼンや電話対応、商談など、相手に良い印象を与えたい場面では、口調や話し方の印象は成果に大きな影響を与えがち。
説得力のある話し方や優しい話し方、信頼おける話し方など、必要な場面に合わせて話し方をコントロール出来れば、それはその人にとって大きな武器となります。

一方で、声の大きさや滑舌に不安があると、それだけで自信がなくなり、様々なチャンスを逃してしまうことも。
その為、最近ではプレゼン様にボイストレーニングに通うサラリーマンが増えていたり、就活や婚活のためのボイストレーニングのコースが組まれたりなど、人に良い印象を与えるための手段として、美しい声や話し方を教えるボイストレーニングが重宝されてきています。
ボイストレーニングといえばプロやプロ志望の人達が歌を習うイメージが強いと思いますが、今や一般の人達が話し方を習う場としても広がりを見せているのです。

しかし、だからといって近くに教室がなかったり、仕事や学校などで時間がなかったりして、ボイストレーニングに通いたくてもなかなか出来ない、という人も多いでしょう。

ここではそんな人達に、自分で弱点を見つけるセルフチェックの方法から、家でも出来るボイストレーニングの方法をご紹介します。
印象を良くする声の出し方を会得して、声を自分の武器の一つにしましょう。

TOPへ戻る